ブログ内容を引っ越しました。
今後は下記アドレスにて更新いたします。
http://okinawavegetable.blog.fc2.com/



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :スポンサー広告
タグ :

ハンダマ(水前寺菜、金時草)


 一般名:水前寺菜(スイゼンジナ)
 学 名:Gynura bicolor DC
 科 名:キク科
 収穫期:通年(夏期は少)


ハンダマとは

ハンダマ,水前寺菜  ハンダマは中国からモロッカ諸島原産のキク科の多年生葉野菜です。中国では三七草、台湾では紅鳳菜と呼ばれています。
 沖縄には古くに伝わっておりハンダマと呼ばれてよく食べられています。葉裏が紫になる紫系品種がよく栽培されていますが、緑色の品種もあります。
 ハンダマは家庭菜園でも良く栽培されており、通年で収穫出来る手軽な薬膳野菜として利用されています。1~3月に開花が見られます。

ハンダマの利用方法

ハンダマ,水前寺菜  ハンダマは加熱するとヌメリが出るのが特長です。
 ハンダマは主にお浸しや天ぷら、サラダなどで食べられています。
 また、味噌汁の具や、胡麻油で炒めると美味しいです。

ハンダマの薬膳

ハンダマ,水前寺菜  ハンダマの紫色はポリフェノールの色素アントシアンで、また鉄分も多く含まれています。沖縄では古くから血の薬、不老長寿の薬といわれ、増血、止血、貧血に効果があるとされています。
 また、目の病気や胸焼けにもよいといいます。


さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :キク科
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。