ブログ内容を引っ越しました。
今後は下記アドレスにて更新いたします。
http://okinawavegetable.blog.fc2.com/



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :スポンサー広告
タグ :

ナーベラー、ナーベーラ(沖縄へちま)


 一般名:へちま
 学 名:Luffa cylindrica (L.) Roem.
 科 名:ウリ科
 収穫期:年中(最盛期:夏期)


ナーベラー、ナーベーラとは

ナーベラー,ナーベーラ,へちま,沖縄  ナーベラーとは、沖縄で「へちま」のことで、ゆわれは、大きく熟したものをへちまたわしにも使っており、「鍋洗い」→なべあらい→なべあらーと変化したものと言われております。
 もっとも今ではほとんどが若いうちに収穫され食用とされています。

ナーベラーの使用方法

ナーベラー,ナーベーラ,へちま,沖縄  沖縄のへちまは、繊維質になりにくい品種で、若い実を収穫し、味噌煮や炒め物にして食されています。同じウリ科のゴーヤーは中のワタと種を取り除いて食べるのに対し、へちまは皮を取り除いて、中身を食べます。
 熱を通すと水分が多く出て来るため、通常、あまり水を使わず調理します。
 味はほんのりと甘みのあるトロッとした食感です。

ナーベラーの雑学

ナーベラー,ナーベーラ,へちま,沖縄  へちまは光周性の強い野菜で、月の満ち欠けに影響されるため(夜間の光量)、収穫が周期的にやってきます。そのため、出荷が集中されるため、市場では両極端な状況となります。


さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :ウリ科

クワンソウ(アキノワスレナグサ)


 一般名:アキノワスレナグサ
 学 名:Hemerocallis sempervirens Araki
 科 名:キク科
 収穫期:通年


クワンソウとは

クワンソウ,かんぞう,アキノワスレナグサ  クワンソウは日本から台湾を原産とする多年生葉野菜で、沖縄から南九州まで栽培されています。
 地下茎は黄色で横に根を伸ばし、その先が新株となる繁殖力の強い植物です。
 葉は扇状に開き、地下茎から直接出ます。オレンジ色の花をつけます。
 沖縄では古くから家庭菜園に植えられていて、不眠症に効く薬草としても利用されてきました。

クワンソウの利用方法

クワンソウ,かんぞう,アキノワスレナグサ  独特の歯触りがあり、煮崩れしにくいため、おひたしや味噌汁の具、天ぷらなどにして貯められています。
 また他の野菜とともに炒め物としても利用されます。


さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :ユリ科

糖尿病にはゴーヤー!?

ゴーヤーの糖尿病への効果についての記事の紹介です。

ダイヤモンドオンライン「ダイエット、糖尿病にはゴーヤがいい 」

ちなみに沖縄では「ゴーヤー」と語尾を伸ばして発音します。


さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :お知らせ

島菜


 一般名:タカナ、カラシナ
 学 名:Brassica juncea (L.) Czern.et Coss.var.integrifolia (Stokes) Sinsk.
 科 名:アブラナ科
 収穫期:年中


シマナーとは

 シマナー(島菜)は、からしなの一種で、アブラナ科に属する葉野菜です。白菜やキャベツ、小松菜などの近縁種になります。

シマナーの利用方法

島菜,シマナ,島野菜,沖縄  沖縄では最も一般的な葉野菜で、炒めたりして、よく食べられています。
 シマナーは、本土のからしな類(高菜等)のように爽やかな辛味が特徴で、塩漬けや塩もみすることで、香りが増し、島豆腐と炒めるととてもいい味になります。
 また、シマナーを塩漬けにしたものは、チキナーと呼ばれ、炒めるとチキナーイリチャーになります。特にツナ缶と一緒に炒めると絶品です。おかずにもお酒の肴にもぴったりです。

シマナーの雑学

島菜,シマナ,島野菜,沖縄 シマナーの花はこのようにアブラナ科の特徴である4枚花弁の十字状をしています。
シマナーは夏期に萎黄病で収穫量が少なくなるものの年中栽培されています。



さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :アブラナ科

長命草


 一般名:ボタンボウフウ
 学 名:Peucedanum japonicum Thunb.
 科 名:セリ科
 収穫期:年中


長命草とは

 長命草は、一般にはボタンボウフウと呼ばれる海岸岸壁などに生えるセリ科の植物です。与那国島では、長生きする薬草として長命草(チョーミーグサ)と呼ばれています。

長命草の利用方法

長命草,サクナ,ボタンボウフウ  長命草の葉や茎を細かく刻んで千切りにし、刺身のつまや和え物、若芽を天ぷらなどにして食べます。
 また、独特の香りと苦味があるので、魚汁や山羊汁の薬味にも好まれます。最近では長命草を粉末にして、沖縄そばに練り込んだり、菓子などに幅広い加工品として製品化されています。

長命草の薬膳

長命草,サクナ,ボタンボウフウ  長命草はカロテンやビタミンCおよびカルシウムを豊富に含んでおり、昔から風邪や咳止めに利用されてきました。また、肝臓病や腎臓病、神経痛にもいいとも言われています。
 近年、長命草に含まれる成分から、資生堂より長命草サプリメントが製造・販売されています。


 
さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :セリ科
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。