ブログ内容を引っ越しました。
今後は下記アドレスにて更新いたします。
http://okinawavegetable.blog.fc2.com/



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :スポンサー広告
タグ :

島オクラ(丸オクラ)


 一般名:オクラ
 学 名:Abelmoschus esculentus Moench
 科 名:アオイ科
 収穫期:5~12月


島オクラとは

島オクラ,丸オクラ  島オクラは丸オクラとも呼ばれ、特長はその名前の通り、断面が丸形のオクラです。
 オクラはハイビスカスやケナフなどと同じアオイ科の植物で、原産地はアフリカ東北部、エチオピアの高原地方やエジプト、スーダンの東部と言われています。栽培の歴史は古く、既に紀元前にはインドまで伝わっていたそうです。日本へは明治初期に伝わり、沖縄にもその頃に伝わったようです。
 オクラは夏野菜で、亜熱帯の沖縄においても冬場はトンネルやハウスといった保温施設が必要です。沖縄では主に5月から収穫が始まり、年末ぐらいまで収穫されます。近年、施設栽培も行われ、収穫期間が前後に伸びてきています。

島オクラの利用方法

島オクラ,丸オクラ  島オクラはこのように断面が丸形をしています。
 島オクラは、一般的な角オクラと比べるとやわらかく、角オクラでは収穫時期を逃すと固くなりますが、島オクラは少々遅れても食べることができます。また、角オクラに比べると甘味もあり、その味から人気が高まりつつあります。 島オクラは収穫直後はそのまま生でも食べられます。
 かるく湯がいて、かつお節と醤油で食べても美味しいですし、天ぷらにしても美味しい野菜です。

島オクラの雑学

島オクラ,丸オクラ  オクラの花はこのように5弁で見た目もハイビスカスによく似ています。各節ごとに花を咲かせ、その後、実を着けます。



さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :アオイ科
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。